人気ブログランキング |

本、展覧会、映画、ダンス・演劇のパフォーマンスなど。文学、美術などの芸術、ヨーロッパ、英語に加え、フランス語や中国語、およびその文化にも興味がある。
by cathy_kate


『あひる』今村夏子著

あひる (角川文庫)

今村 夏子/KADOKAWA

undefined



「あひる」は、家族が飼うことになったあひると、それによって変わっていく状況と、全く変わることのない人たちの物語。
語り手の「わたし」の透明性が怖い。役割を押し付けられ、記号化されてしまったような「あひる」が気の毒。語り手の弟も相当変だが、語り手の年老いた両親の方がもっと得体が知れないかもしれない。

同時収録の2編、「おばあちゃんの家」と「森の兄妹」は、実は連作だ。不思議な「おばあちゃん」は、しかし、おばあちゃんを見る人それぞれが見たいものだけを見て、ゆがんだ見方をしているだけなのかもしれない。家族なのに「よそ者」として生きてきたおばあちゃんは、かわいそうだが、おそらく本当は力強い。

# by cathy_kate | 2019-08-11 21:08 | 第一幕 本 | Comments(0)

『こちらあみ子』今村夏子著

こちらあみ子 (ちくま文庫)

今村夏子/筑摩書房

undefined



今村夏子氏は天才。

太宰治賞と三島由紀夫賞を受賞したデビュー作である表題作「こちらあみ子」(「あたらしい娘」から改題)は、胸が苦しくなり、でも最後は胸が温かくなり、それでもやっぱり息苦しい。
家でも学校でも疎まれてしまうあみ子に、周囲の人がイライラしてつらく当たってしまう理由も少し分かってしまう。読者として罪悪感を覚える。あみ子は知能がやや低いのかもしれないが、誰も気付かないようなことを見ているようでもある。主人公なのに、「不気味」だ。
あみ子は恐ろしく冷たい人間のように思われることもあるが、悪気はなく(そこがまた恐ろしい)、あふれんばかりの愛情を持ち続けられる人でもある。そして、あみ子を愛する人たちもちゃんといるのだ。
「こちらあみ子」は傑作小説。文学賞を選定する人たちが見逃さなくてよかったと、心底思う。

同時収録の短い「ピクニック」は、うそをつく人間と、それを支え、補強していく人間たちの姿が描かれる。うそが、うそをついた人間を超えていくとき、何が起こるのか。

書き下ろしのごくごく短い「チズさん」は、高齢者が家族に寄せる複雑な心境が、心境について直接はほとんど何も書かれていないのに、浮き上がってくる。

どの作品も、書き手が人間ではないような気がする。それでいて、人間味のある優しさが、確かに背後に存在するのだ。温かい心を持ったAI(人工知能)が書いているみたい?


# by cathy_kate | 2019-08-11 20:51 | 第一幕 本 | Comments(0)

『星の子』今村夏子 著

星の子

今村夏子/朝日新聞出版

undefined


主人公が幼いころに病弱だったことから、何かにすがるように「何にでも効く水」を大量購入するようになった両親。そんな両親に愛想をつかす姉。心配するおじ一家。主人公は、自分では信じていないけれど、両親には言えず、調子を合わせている。説明するとそうなるのかもしれないが、それでは説明しきれない、家族の関係が描かれている。新興宗教と、誰もが陥るかもしれない心の隙間。

# by cathy_kate | 2019-07-30 22:33 | 第一幕 本 | Comments(0)

『母の前で』ピエール・パシェ著

母の前で

ピエール・パシェ/岩波書店

undefined


老いていく母親の発する言葉や記憶、息子である自分(著者)との交流を描いたノンフィクション。

# by cathy_kate | 2019-07-28 01:21 | 第一幕 本 | Comments(0)

『社会の芸術/芸術という社会ー-社会とアートの関係、その再創造に向けて』

社会の芸術/芸術という社会—社会とアートの関係、その再創造に向けて

北田暁大,神野真吾,竹田恵子,志田陽子,成原慧,韓東賢,明戸隆浩,岸政彦,清水晶子,仁平典宏,間庭大祐/フィルムアート社

undefined



# by cathy_kate | 2019-07-28 01:18 | 第一幕 本 | Comments(0)

『にじいろガーデン』小川 糸 著

にじいろガーデン (集英社文庫)

小川 糸/集英社

undefined


6歳の息子がいる、夫と別居中の30代の女性が、19歳の少女と出会い、結ばれ、家族となっていく物語。

のちに少女が産んだ娘も含めた4人家族が、順番に語り手を務める。

最後の方で明かされる秘密は、ある時点で推測できるけれど、それでも最後まで丁寧に読みたい小説だ。少し分かりやすく書き過ぎのようにも思えるが。

「家族は築いていくもの」という古びた言葉の意味が生き生きと目の前に姿を現す。

# by cathy_kate | 2019-07-08 22:22 | 第一幕 本 | Comments(0)

『嘘の木(The Lie Tree)』フランシス・ハーディング(Frances Hardinge)著、児玉敦子訳

嘘の木

フランシス・ハーディング/東京創元社

undefined

ダーウィンが『種の起源』を発表してからのイギリスを舞台とした児童小説。
だが、子どもだけでなく大人も絶対に楽しめる小説だ。

ファンタジーとミステリーの要素があるが、14歳の、子どもから大人へと成長中の少女が抱く気持ちや振る舞いはとても現実的で、胸に

刺さる。
当時の女性たちが置かれていた状況は今よりずっと不自由なはずだが、今も女性たちは不自由なのだと改めて思い知らされた。

しかし、人間の影や闇だけでなく、希望や強さも描いている。
多層な人間関係の描写も巧みだ。

物語に引き込まれて一気読みするという、子ども時代の幸せを追体験したくなる本。


# by cathy_kate | 2019-05-17 21:12 | 第一幕 本 | Comments(0)

'The Schooldays of Jesus' by J. M. Coetzee

The Schooldays of Jesus: Longlisted for the Man Booker Prize

J.M. Coetzee/Vintage

undefined



'The Childhood of Jesus'の続編。Davidと名付けられた少年と、彼の面倒を見ることになった男と女の物語。少年はダンスの学校に通い、「数字」のダンスを習うことになるが、ある事件が起きて・・・。

タイトルのJesusは通常イエス・キリストのことだが、スペイン語ではこういう名前の人がたぶんいると思う。この小説の舞台はどこの国でもないような場所だが、地名などの固有名詞はスペイン語っぽく見える。

Davidと、彼の親代わりをする2人の、3人の関係は、キリスト教のイエス、マリア、ヨセフの聖家族のように解釈できなくもない。また、Davidが罪人をかばうところはイエス・キリストを思わせもするし、その罪人は赦しを求める。しかし、ラストでDavidと罪人の関係がどうなったかを考えると、キリスト教万歳という話ではないように思える。


# by cathy_kate | 2019-03-24 15:43 | 第一幕 本 | Comments(0)

『感性は感動しない―美術の見方、批評の作法』 椹木野衣 著

感性は感動しないー美術の見方、批評の作法 (教養みらい選書)

椹木 野衣/世界思想社

undefined



# by cathy_kate | 2019-02-28 22:26 | 第一幕 本 | Comments(0)

『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ日本人の知らない会議の鉄則』ピョートル・フェリクス・グジバチ著

グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則

ピョートル・フェリクス・グジバチ/ダイヤモンド社

undefined


「今の時代、「正解の導き方」は必ずしもひとつではありません。経験値がもはや無用の長物となり、ともするとテクノロジーを当たり前のものとして使いこなしているデジタルネイティブ世代のほうが、正解にたどり着く術を知っていることだってあり得ます。たくさんの経験があること自体が、変化の邪魔になることだってあるのです。」(p. 192)


# by cathy_kate | 2018-12-02 15:48 | 第一幕 本 | Comments(0)

『人がうごくコンテンツのつくり方』 髙瀨淳也著

コンテンツのつくり方

髙瀬 敦也/クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

undefined


いろいろとなるほどね~と思うポイントがありました。
たまに左ページの左上に入っている注記に、本を半分以上読むまで気が付きませんでした。まあ、読まなくても支障ありませんが。

「おわりに」に書かれていた、「若い世代ほど人として優れている」という論に、確かにそうかもと思いました。
数十年前の日本では、妊娠している人がいる職場で平気でたばこを吸う人がいたけど、今はそんなことしませんよね。
時代を経ると社会は良い方向に向かうはず、という性善説に基づいているようにも思えますが。

「人が動く[気持ちのつくり方」が大事だそうです。
人々の気持ちが分からなければ、受け入れられるコンテンツは作れない。これは意外とハードルが高い点だと思います。

「本はこれからもずっとなくならないコンテンツだと感じました」と著者は最後に書いています。
「テクノロジー」の変化に応じて形は変わっていくかもしれませんけどね。


# by cathy_kate | 2018-12-01 20:42 | 第一幕 本 | Comments(0)

『現代アートの舞台裏―5カ国6都市をめぐる7日間』 サラ・ソーントン著、鈴木泰雄 訳

現代アートの舞台裏 5カ国6都市をめぐる7日間

サラ ソーントン/武田ランダムハウスジャパン

undefined


美術史を学んだ社会学者でありフリーランスライターの著者が、6都市を巡り、クリスティーズのオークション、カリフォルニア芸術大学の授業の批評会、アートフェアのアート・バーゼル、ターナー賞の選考と授賞式、アート雑誌『アートフォーラム』、村上隆のスタジオ、ヴェネツィア・ビエンナーレを取材し、「現代アートとは何か」を探ったノンフィクションの本。

アート雑誌についての章が興味深い。美術のライターや研究者は、批評や展覧会評がアートに価値を与えると考えていたりするものらしい。

アートは、どういうものが「高く評価」され、「高値で取引」され、「賞を受賞」し、「美術館に購入」され、「頻繁に、注目される形で展示」されるのか。

その謎に迫ろうとする意欲作だが、そんな挑戦をアートはするりとかわしてしまうようだ。


# by cathy_kate | 2018-11-25 23:47 | 第一幕 本 | Comments(0)

『これからの世界をつくる仲間たちへ』 落合陽一著

これからの世界をつくる仲間たちへ

落合 陽一/小学館

undefined


「現代の魔法使い」と呼ばれ、筑波大学教員でメディアアーティストの1987年生まれの著者が、子どもたちへのメッセージとして書いた本。

■pp. 108-109
自分がすることに対して、それがオリジナルだという説明、「文脈」作りができるかを自問すべき。その際の5つの問いは次の通り。
・それによって誰が幸せになるのか。
・なぜいま、その問題なのか。なぜ先人たちはそれができなかったのか。
・過去の何を受け継いでそのアイディアに到達したのか。
・どこに行けばそれができるのか。
・実現のためのスキルはほかの人が到達しにくいものか。

■p. 135など
「貧者のVR」。バーチャル・リアリティで、実際には持っていなくても、幻想の中で幸福でいられる「持たざる者」が生まれている。
手塚治虫の『火の鳥<未来編>』を思い出しました。

■p. 141-
「言語化」して自分の頭で考えられる「思考体力」を付けるには、周囲の大人が子どもにそう思考、言語化する癖が付くよう、会話などで誘導することが必要。
「どうしてそうしたいの?」「どうしてそう思うの?」「きれいって、何がどうきれいなの?」「きれいってどういう意味?」といった疑問を子どもに投げ掛けるというやつです。
頭では分かっていても、常に何かに急かされているように生きている大人は、なかなかこれができないのでしょう。辛抱が必要だし、自分の思考への姿勢も問われることだから。

■p. 221など
人間とインターネットの区別が付かない、人間とコンピュータの区別が付かず、対等な立場、平等の状態になる。
卑近な例だが、「動物はペットじゃなくて家族」と言う人がいるように、「コンピュータが家族」ということになったり、身体や脳の一部がコンピュータになった人間など、どこからどこまでが人間でコンピュータかということが分からなくなっていく、境界が不明になってくる時代がたぶん来るんだろうな。


# by cathy_kate | 2018-11-25 23:30 | 第一幕 本 | Comments(0)

『エグゼクティブは美術館に集う―「脳力」を覚醒する美術鑑賞』 奥村高明著

エグゼクティブは美術館に集う (「脳力」を覚醒する美術鑑賞)

奥村高明/光村図書出版

undefined


タイトルから、ビジネスパーソン向けかと思ったら、教科書を出版する光村図書らしく、むしろ学校の教員や子を育てる保護者向けの内容。
美術鑑賞は、子どもの将来としても、ビジネスエリートになるのにも役立つんですよ、ということか。大人に読まれたいという思惑もあって、このタイトルになったんだろうな。

絵の模写や文字を書き写す、言葉のコミュニケーションやダンスでも、脳の「ミラーニューロン経路」が働き、自分も一緒にその行為などを行っているような追体験をしていて、そが共感という感情に結びつく(p. 38)。

カメラマンの管洋志さんと横浜市立盲特別支援学校の児童との共同プロジェクトから生まれた2冊の写真集『23人のKids Photographers「子どもは天才!」』、『キッズフォトグラファーズ 盲学校の23人が撮った!』、全盲の小学生が弟を撮影した写真には、視覚以外の感覚も詰まっている(p. 64)。
言われてみれば当たり前なのだが、写真は視覚だけで撮っているのではない。美術鑑賞も、絵から音や食感や味や匂いを感じたりしている。

鑑賞教育.jp」というウェブサイトが紹介されている。子どもたちへの美術鑑賞教育のヒントが満載!教員や保護者が手引きとして使えるようだ。こういう教育を受けたかったな~。

巻末に、疲れない美術館訪問についてのアドバイスも載っている。


# by cathy_kate | 2018-11-25 23:27 | 第一幕 本 | Comments(0)

子どもたちの階級闘争―ブロークン・ブリテンの無料託児所から』 ブレイディみかこ著

子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から

ブレイディ みかこ/みすず書房

undefined



これまで読んだノンフィクションは多くはないけど、この本は突出している。

「チャヴ」と呼ばれるという、イギリスの「不良」のように見える若者たち。その中には人種差別的な発言をする人もいるが、彼らにもうっぷんがたまる事情があるのか、とこの本を読んで思えた。それに、同じような格好をしている人の中にも、親切な人やまともな接し方をしてくれる人もいたのだ。

人種、経済的格差、教育格差、いろんな要素がある。あからさまな差別用語よりも実は、「人種差別なんてポリティカル・コレクトネスに反するから私はしません」というインテリからの遠回しな差別発言の方が傷つくかも。

託児所で子どもたちに、人のさまざまな表情のカードを見せて、その顔の人がどんな感情でいるかを考えさせる教育を行っている、という記述(p. 78)に衝撃を受けた。日本でもこういう教育をしてくれればいいのに。

小学校の歴史の授業の一環として、子どもたちが昔の人の服装をしたり行動をしたりする(p. 123)というのもすごい。「疑似体験」でも、教科書を読んだり先生の話を聞いたりするだけよりは、「体験」することには意味があると思う。体で感じようとすることは大事だ。

生活保護を受けて働かずに生きていけた時代の「飼い殺し」の話は怖い。本当は何かできるのに何もしなくていい状況に置かれると、希望をなくし、意欲をなくし、自分や家族を壊してしまうんだな。

日常的に大人から暴力を振るわれている子どもはビクビク振る舞う。しかし、ビクビクしていると余計に大人の神経を逆なですることになり、さらに殴られる。だから、難しくても、堂々とした振りをしていなさい。そうすれば、殴られなくなる。本当に堂々としていられるようになって、尊重されるようになる。そう説く、過酷な状況で育ち保育士を目指す若い学生の言葉が尊い(p. 240)。




# by cathy_kate | 2018-11-03 23:18 | 第一幕 本 | Comments(0)

『身体感覚の旅―舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット』 富田大介編

身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット

富田 大介,梅原 賢一郎,本間 直樹,レジーヌ・ショピノ,高嶋 慈,那須 誠,瀧 一郎/大阪大学出版会

undefined




# by cathy_kate | 2018-11-02 20:08 | 第一幕 本 | Comments(0)

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 伊藤亜紗著

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)

伊藤 亜紗/光文社

undefined



稀にみる刺激的で興奮する思考の書。傑作です。

# by cathy_kate | 2018-10-24 23:38 | 第一幕 本 | Comments(0)

『女の子のための現代アート入門 MOTコレクションを中心に』 長谷川祐子著

女の子のための現代アート入門―MOTコレクションを中心に

長谷川 祐子/淡交社

undefined


タイトルはふざけていますが、中身はいたってまともな現代アート入門書。

2010年当時、東京都現代美術館チーフキュレーターの著者が、6つの視点から現代アートを紹介する。

著者の解釈に全て納得するわけではないが、納得しなくてもいいので自分でアートに触れるきっかけにしてほしいという立場の本だと思う。

現代アートをもっと見てみたくなります。


# by cathy_kate | 2018-10-21 22:35 | 第一幕 本 | Comments(0)

『「香り」の科学 匂いの正体からその効能まで』 平山令明著

「香り」の科学 匂いの正体からその効能まで (ブルーバックス)

平山 令明/講談社

undefined



匂いを科学的に説明する本。
分子とか化学反応とか、難しい話は分からないので、そういうところは飛ばし読み。

でも、人からふと香ってくるくる匂いが何なのか、気になるときがあります。
香水やたばこや油や香辛料の匂いはたいてい明らかですが、シャンプーや柔軟剤、果ては各家庭の匂いとか、何かあるんですよね、そう

いうものが。
「家の匂い」が強い人がいるけど、どうしてそうなるのだろう?

「香り」を表現する言葉の紹介や、最近やっと科学的に解明が始まったという匂いの効能の話が面白い。
グレープフルーツの香りが食欲の低下につながり、肥満予防になる、という話は数年前にニュースになっていた気がする。
認知症の予防や改善につながる香りの研究も行われているらしい。

この本の著者は科学者ですが、世の中には「調香師」という仕事もある。かっこいい響きの職業だ。



# by cathy_kate | 2018-10-20 11:23 | 第一幕 本 | Comments(0)

『現代アートの本当の楽しみ方』

現代アートの本当の楽しみ方―表現の可能性を見つけにいこう (Next Creator Book)

しりあがり寿,日比野克彦,中島隆,森芳功,松本次郎,三ツ木紀英,遠藤水城,五野井郁夫,菊地良太,川崎昌平/フィルムアート社

undefined




アートは規定できない、どんどん可能性を広げていくのがアートの役割、とのこと。

「感受性とは何か?」中島隆
感受性とは、一見無関係な要素をつなぎ合わせる力のこと。
でも、感受性が鋭過ぎると、生きていけない。
感受性が強過ぎると、気付いたことを使って創作ができない。
だから、その図太さを美大で身に付ける?!

「対話型鑑賞の可能性」三ツ木紀英
対話型鑑賞は、「自分が思ったことを言ってもいいんだ」と思えて、心身に良い。
対話型鑑賞で、失った感覚がよみがえる。

# by cathy_kate | 2018-10-05 22:24 | 第一幕 本 | Comments(0)